事務職から異業種への転職ガイド

何のための転職ですか?

事務職から他の業種や職種に転職を考える方って結構います。その中で、次のようなことを考えて転職を検討中であれば非常に危険です。

 

「自分の今までのキャリアやスキルで行けそうな業界はないだろうか?」

 

「今よりももっといい給料、仕事はないだろうか?」

 

「ブラック企業は避けたい、やっぱり大企業が安定だよね」

 

こういう人たちの共通点は、自分の人生のヴィジョン、ゴールが明確ではない事にあります。

 

自分がやりたい事があるわけではないし、それに近づくための仕事選びではない人。
はこういったことを言う傾向にあります。

 

なんとなくで仕事や業界を選択してしまうとその後の時間をムダにしてしまうだけで終わっちゃいます。

 

” ハシゴを掛け違えてたら、1歩登るたびに間違えた場所に近づくだけ、ということを理解してほしいです。 ”

 

あなたの人生のビジョンは?自己分析からはじめよう

 

女性の結婚するまでの「腰掛け」的な理由での転職ならともかく、しっかりとキャリアを重ねる目的もある転職なら自己分析からスタートした方がいいと思います。

 

自己分析でやりがちなミス

 

自己分析というと何をやればよいかわからない方多いんじゃないでしょうか、あるいは巷にあふれる自己分析教科書やツールなどでやる方も多いかも。

 

でも多くが間違ってるんですよね。例えば次のようなことです。

 

・自分はどのような人生を送ってきたか(小中高〜大学生、社会人)
・自分の長所や短所は何だろうか
・自分はどんな仕事がしたいだろうか、収入を求めるか、勤務地を重視するか、やりがいか・・・
・興味のある業界はどこだろう

 

いや、間違いじゃないんですけどココから始めるんじゃないというか。

 

自己分析ではじめにやることは

 

・自分の人生で何が大切か
・自分はどうありたいか
・自分の役割は何か

 

を明確にすることからスタートします。

 

ここを明確にすることでハシゴの掛け違いをすることがなくなります。つまり人生のビジョン、ゴールを先に決めるということが最も大切になってくるんです。

 

仕事はビジョン、ゴールを実現するための「手段」だからです。

 

やりたいコト、実現したいコトのための「仕事」にしよう!

 

という意味ですね。

 

そんなものないし、、、という人は探してください。きっとあるはずです。

 

無い人は・・・そんな人生で楽しいんですかね?(^^;)

 

 

ココでの自己分析ってそんな難しくなくて、例えばこういうのでもOKだったりしますょ

 

・人生は毎日楽しくハッピーでいたい
・社会に貢献したい、まずは自分の身の回りから
・困ってる人を助けたい
・モノ作りが好き
・家族大切、子供が好き
・海外が好き、海外で生活したい
・ペットが好き、鳥が好き、犬が好き
・グルメな人生にしたい

 

こういった価値観、自分の原則を明確にしていくと強いです。

 

仕事は人生に大きな影響力があります。また、転職は大きなイベントになります。

 

自分がやりたいことに向かうための「仕事」「転職」にしましょう。

 

とくに、異業種、異職種へ転職となると大変です。自分が経験したことのない仕事である可能性もあります。でも、ビジョンが明確になってればへっちゃらです。

 

 

転職失敗、こういう人が多い

 

転職活動をはじめると、色んな求人情報に出会います。

 

案件を見て応募して面接してみて、「総合的に見て、今の仕事よりはよさそうだ」という理由で転職を決断する方が多いです。

 

ところが実際に仕事をスタートしてみると、「何かが違う・・」となってしまう。

 

それでまた転職サイトに応募する。本当に自分がしたいこと転職に求める条件が定まってないとこうなります。

 

 

異業種、異職種への転職はかなりのパワーが必要です

いままで全く関係すらしたことのない仕事だと色々と大変です。

 

これまでのキャリアをゼロにして、新しくキャリアを作っていかなければならない、というデメリットもあります。

 

実際に転職が成功しても仕事を覚えるまでは死ぬ気でやらないとついていけなくなります。周りの同僚や先輩が助けてくれるだろう、ではNGです。

 

でも、本当に自分のゴールへ向かうための仕事だったらなんとかなります。

 

どんな仕事ならチャンスがあるか


このサイトでは、営業マンへの転職、プログラマ、経理、SE、販売業、飲食業、製造業、介護、機械、施工管理などの仕事へ未経験で転職を考えてる人のためのメニューも用意していますので、メニューから興味のある記事をクリックして参考にしてみてください。