事務職から介護職への転職

介護職への未経験転職のコツ

 

介護職に未経験転職をする場合、資格が気になるという方もいると思います。介護資格には様々な物があり、それらのいずれかを取得していないと、仕事ができないと考えられがちですが、実は無資格で経験のない方でも可能な求人があります。介護の仕事は人手が足りていない傾向にあり、はじめは無資格でも行える業務のみを専門的に行ってほしいという求人も多くあります。

 

そのため、仕事をしたいと思った熱意と、今後は仕事をする中で資格を取るという方向で、面接に臨めば、採用に至るケースも多くあります。仕事をしていく中で、無資格でいるのも一つの選択ですが、必要な資格や興味の出てきたものを段階的に取っていくと、あなたの可能性も広がっていきます。

 

事務職から介護職への転職、どうアピールする?何を勉強すればよい?

 

事務職から介護職への転職の際にアピールするのは、まずはその想い、すなわち志望動機です。PCと向き合っての作業的な仕事から、人と接する中でサポートをしていくという、コミュニケーションが大切な仕事になります。そのため、なぜその仕事に興味を持ったのかという点は、採用する側の面接官の方も興味のある部分です。経験やスキルがない分、熱意でカバーしていきましょう。

 

また、介護の仕事をするには資格がないといけないと思われていますが、資格がなくてもできる仕事はあります。しかし将来的にはケアマネージャーなどの、各種資格の勉強もしていくと良いでしょう。比較的短期間で取得できるものも多く、中には職場で費用を負担してくれる所もあります。