事務職から機械・設計への転職

機械・設計への未経験転職のコツ

 

機械・設計の仕事への未経験転職は、専門的な知識を必要とする事も多い職種なので、ある程度の知識のベースがあるという事がポイントになります。前提知識が身に付いていると、採用もされやすくなりますし、設計の仕事を最初から行う事もできます。ベースとなる知識がない場合は、仕事内容について興味がある事を、熱意を持ってアピールしていきましょう。最初は製造などの仕事になるかもしれませんが、ステップアップして、設計に携われる可能性もあります。

 

また、適性としては、物作りに興味がある方、工夫して自分で製品を作ったり、考える事が好きな方が向いていると言えます。こうした適性についても、事前に確認しておく事をお勧めします。求人の数としては比較的多い仕事なので、積極的にチャレンジしていきましょう。

 

東京や大阪などの都市部ではモノ作り系の転職イベントが度々開催されています。そういったイベントに顔を出して会社説明会を聞いたり、その場で面接をすることもできるので一度参加されることをお勧めします。

 

一回のイベントで100社近い企業がブースを設けて応募を促しています。参加者も5000人ぐらい入るので気軽に参加できるメリットがあります。

 

事務職から機械・設計への転職、どうアピールする?何を勉強すればよい?

 

事務職から機械設計への転職は仕事内容も大きく異なるため、アピールしていく事も多いと言えます。ポイントは2つで、なぜその仕事をしたいと思ったのかという志望動機と、専門的な知識を持っているかという点です。物作りは、自分で工夫する楽しさや、製品を自分の手で作り上げられるという喜びがあるため、そうした点をアピールしていくと良いでしょう。

 

また、機械や物理などの知識や、製図ソフトの扱い方なども、学んでいく必要があります。非常に奥の深い分野なので、学んでいく事は多くあります。仕事をしていく中で、関連知識を身に付けながら仕事をしていくと、知識を生かして実際に役立てる事ができます。経験の差が大きく出る職種なので、常に学んでいくようにしましょう。