事務職から製造業への転職

製造業への未経験転職のコツ

 

製造業は未経験転職が可能な求人が多くある職種と言えます。主に工場での勤務となり、製品を作っている設備のオペレーションが仕事になるため、作っている製品に興味が持てるかどうか、物作りに興味があるかという部分がポイントになります。

 

人とコミュニケーションを図り、連携して仕事を進めていく部分もありますが、自分で考えて、改善の仕方のアイデアを出したりといった、細かな作業もある仕事です。こうした事が得意かどうかを、自分を振り返る中で考えておくとよいでしょう。仕事をしていくと、目に見える形で製品ができ上がるのは、やりがいや楽しさにも繋がる部分なので、こうした事に興味がある事を、積極的に伝えていくと良いでしょう。

 

製造業は都内などで転職フェアのイベントがしばしば行われる業界です。主に大手の転職サイトであるマイナビやTYPEやDODAといった企業が開催しているイベントです。

 

そのイベントには100社を超える製造業の会社が参画して多くの転職者を募っています。製造業に興味があればイベントに参加してみるのも手だと思います。どんな仕事があるのか、どんな業界があるのかがチェックできますからね。

 

事務職から製造業への転職、転職しやすい職種、どうアピールする?何を勉強すればよい?

 

事務職から製造業への転職では、二つの仕事に似ている部分もあるため、そこは適性としてアピールしていきましょう。PCに向かって黙々と作業をするという仕事は、製造の設備や部品などと向き合うことに通じるものがあります。じっくりと一つの物事と向き合えるという事は、アピールしていくと良いでしょう。

 

また、製造の仕事では、物作りに関しての数学や物理、化学、機械などの知識が必要になります。こうした事は、ベースの知識があると、スムーズに学びやすいですが、仕事をしていく中で勉強していく事も可能です。知識を深めて仕事に生かしていく事は、とても大切になってきます。業務に合った事を、その都度学んでいく事が大切です。常に学ぶ姿勢を持って、取り組んでいきましょう。