事務職から施工管理への転職

施工管理への未経験転職のコツ

 

施工管理の仕事への未経験転職は、建設現場の監督を行う仕事ですが、経験のない方でも仕事をする事ができます。基本的には監督は現場作業を行わないのが基本ですが、経験がない場合は、職人の方と一緒に作業を行っていくケースも多いです。そのため、こうした建設現場の作業をこなせるかどうかは、一つのポイントになります。

 

また、こうした実務を分かった上で、本格的に施工の管理の仕事を行っていく際には、工程管理や安全管理、品質管理、原価管理など、幅広く学ぶ事があります。そのため、チャレンジする姿勢を面接でもアピールしていくと、そのやる気から、採用に至る可能性も高くなります。求人に応募する際も、とにかく数をこなしていきましょう。

 

 

事務職から施工管理への転職、どうアピールする?何を勉強すればよい?

 

事務職から施工管理への仕事への転職の場合は、仕事の場所も業務内容も取り組みも異なるため、どうしてその仕事がしたいのかという事をまずはアピールしていく必要がありますね。

 

PCを使っての作業から、建設現場の監督という仕事に興味を持ったのは、何らかのきっかけがあったはずです。監督として管理を行う仕事がしたい、などのビジョンを伝えていきましょう。

 

また、建築に関する専門的な知識が必要になるため、入社する前から勉強していきましょう。監督として人の上に立つので、多くの事を学ぶ必要があります。

 

もちろん仕事を始める前に業務の全てを学んでおくのは難しいですが、できる限りの事を学び、また、仕事をする中でも工程や品質について、また、原価計算などの財務的な事についても、学んでいくようにしましょう。資格を取得するのもお勧めです。