事務職から飲食業への転職

飲食業への未経験転職のコツ

 

飲食業への未経験転職をするには、自分が飲食の仕事に向いているかをアピールしていく必要があります。立ち仕事になるため、長時間立って動き回っていても、体力的にやっていけるか確認しておくようにしましょう。基本はサービス業で、人と接したり、明るく元気良く仕事をする事も大切になります。元気に仕事ができる、体力があるというアピールは、飲食の仕事では大切なポイントです。

 

また、将来的には店舗の管理の仕事にも携わる可能性があります。店長として、売り上げなどの管理を行ったり、仕入れを行う必要も出てきます。将来的に、どういった仕事をしていきたいかをイメージして、飲食の仕事内容と合致したなら、その熱意を伝えていくと良いでしょう。

 

事務職から飲食業への転職、転職しやすい職種、どうアピールする?何を勉強すればよい?

 

事務職から飲食業への転職は、大きく仕事内容が異なってきます。座ってPCに向き合う仕事から、明るく元気に立ちながら仕事をするという形に変わるため、なぜその真逆とも言える仕事に就こうと思ったのかを伝えていきましょう。あなたが明るい性格であれば、こちらの業務のほうが自分に向いていることをアピールしやすくなります。

 

飲食業では基本的に、明るく元気にという部分が大切になるため、コミュニケーションについて学んでいくと良いでしょう。書籍でも良いですが、様々なサービスに触れてみるのも、良い勉強になります。また、店長として、店舗を任される事もあるため、店舗の運営については、仕事が進んでいく中で勉強していくのもお勧めです。